アトピー改善お役立ち情報『さらば!アトピー』

アトピーを治したい!克服したい! ステロイドに頼らないアトピーの改善方法についての情報を実体験を元に提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脱ステロイドを始める季節

僕自身の経験から、脱ステロイドを始めるには適した季節があると
考えています。適した季節とは春、又は秋です。

なぜ、春・秋なのか。なぜ夏・冬はおすすめできないのかを
ご説明致します。

■夏がおすすめできない理由


脱ステロイドにおいて一番厄介なのは、リバウンドが発生することです。
個人差はあると思いますが、僕の場合は今まで湿疹ができたことが
ない所にも湿疹ができて、本当に苦しい思いをしました。

これがもし夏だったらと思いうとゾッとします。

夏は気温が高いので、血行がよくなり、余計にかゆみを感じます。
また、汗も沢山かくため余計にかゆくなり、汗に含まれる雑菌などで
悪化します。

悪化しているところに汗をかくのは本当に辛いです。治るものも
治りません。ですので、夏に脱ステロイドを始めるのは絶対に
おすすめできません。

■冬がおすすめできない理由


僕が脱ステロイドを始めたのは、2008年1月でした。1年の中でも一番
寒い時期です。「もっと暖かくなってから始めれば良かった」と何度も
後悔しました。

リバウンドが発生すると、色々な所に湿疹ができますので、その部分に対して
消毒や薬の塗布を行うことになります。塗布する箇所が一部であれば、服を
着たまま塗布することは可能ですが、範囲が広いと服を脱がないと塗布できなく
なります。

暖房が効いていても、真冬に下着一枚になるのはとても寒いです。
風邪を引くかもしれません。おすすめできないです。

また、冬の場合は寒いため、汗をかけないのも治りを遅くします。
夏におすすめできない理由と少し矛盾しますが、全く汗をかかないのも
問題なんです。

汗は確かに肌に悪いのですが、体の中の老廃物を排出してくれていますので、
適度に汗をかくことは良いことなんです。冬だと気温が低いため、適度に
汗をかくのも大変です。ジムに通えば室内で運動できるので汗をかけますが、
お金かかりますよね。

また、冬の場合は空気が乾燥すると同時に肌も乾燥します。アトピーでない人でも
冬は肌のトラブルが多いくらいですから、乾燥時にリバウンドがピークになると
とても痒くなるのです。

■春・秋がおすすめの理由


というわけで、適度な気温で、薄着になっても寒くなく、適度に汗がかけて
空気も乾燥していない春・秋が最適だというのが僕の意見です。

脱ステロイドをこれから始めようという人は、参考にしてみて下さい。

スポンサーサイト

僕とアトピーのここまでの戦い - 再び悪化 -

4.原因不明の湿疹が発生
2011年の11月に職場が異動になりました。
そこの職場は僕には全く合わない職場でした。
ただでさえ、初めて経験する仕事内容で大変だったのに、
人間関係にも恵まれず、かなり強いストレスを感じる日々でした。

すると、手の甲に赤みが発生しました。
これまで使用していた軟膏を塗ってもその赤みは消えず、
今度は手首に湿疹ができて、猛烈にかゆくなりました。

一度脱ステロイドに成功しており、効果のある軟膏も
知っていたため、この時はすぐに治るだろうくらいの
余裕がありました。

しかし、湿疹は治るどころか悪化を続け、両腕全体が
湿疹だらけになり、手の甲は両手ともに真っ赤になり、
一部の指にも飛び火しました。その後、首にも湿疹が
できはじめました。まるで脱ステロイド直後のリバウンド
をもう一度経験しているようでした。

これまで行っていた治療法が一切通用せず、正直焦りました。
何をやっても改善するどころか悪化を続けるのです。
ぐっすり眠れない日々が続くようになりました。

脱ステロイド後のリバウンド時はほぼ全身に湿疹が出ましたが、
顔だけは大丈夫でした。しかし、この再悪化の時は
顔にまで湿疹ができはじめました。

良い保湿剤を紹介してもらってそれを使用したり、
漢方薬を使って多少の改善が見られましたが、
ひどい状況に変わりはありませんでした。

試行錯誤を続ける内に半年が過ぎ、体力的にも
限界になり、ステロイドを処方されることを覚悟で
皮膚科に行きました。

さすがの医者も僕の症状を見て、あまりの酷さに
驚いていました。ステロイドの錠剤が処方され、
とても抵抗がありましたが、もう心身ともに
疲れ果てていたため、飲むことを決意しました。

処方された薬を飲むと、すぐに体は綺麗な
状態になりました。ステロイドという薬の
即効性に改めて驚きました。

手の甲だけは、ステロイドをやめるとすぐに
ガサガサになる状態ですが、その他の箇所は
再発することなく現在に至っています。

この再び悪化した原因ですが、僕はアトピーでは
なく、強烈なストレスによって引き起こされた
ものだと思っています。もしアトピーが原因で
あれば、ステロイドをやめればまた湿疹が
再発するからです。

現在は手の甲を元の状態に戻すべく治療中です。
ここだけは、どんな薬を使っても改善が見られない
状況です。ステロイドを使用すると一旦は良くなりますが、
やめるとすぐに元に戻ります。

この手の甲に関しても、僕はアトピーではないと
考えています。未だに原因は分かりませんが、
進展がありましたら、このブログでご報告致します。

以上、長文にも関わらず、ここまで読んで頂き
ありがとうございました。




管理人おすすめ軟膏ランキング

1位

ダイアフラジンA軟膏



この商品の詳細はコチラ!

2位

ユースキンI



この商品の詳細はコチラ!

3位

オロナイン



この商品の詳細はコチラ!
プロフィール

SE りゅう

Author:SE りゅう
当ブログに興味を持って頂きありがとうございます。
りゅうと申します。
SEという、多忙と言われる仕事をしています。

2012年3月に長女が誕生し、ついに父親になりました。妻への育児の負担を少しでも減らせるように、仕事と育児の両立ができるパパを目標に奮闘中です。

仕事、育児、自己啓発、休んでいる暇が全くありませんが、実は楽しく日々を過ごしています。

最近のマイブームは自宅近くの銭湯でボーっとすること。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。