アトピー改善お役立ち情報『さらば!アトピー』

アトピーを治したい!克服したい! ステロイドに頼らないアトピーの改善方法についての情報を実体験を元に提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アトピーと冷え性

アトピーを改善させるには、冷え性を克服する必要があるという話を
良く聞きます。アトピーの人には冷え性の人が多いようです。

僕自身どうかと言うと、冷え性です。アトピーが悪化していた頃は
異常な程の冷え性でした。ですので、冬は大嫌いです。

この冷えを克服するために、冷え性克服のための治療を行っている
カイロプラクティック院に通ったりもしました。結構お金がかかるので
行くのやめてしまいましたが。

でも、ここに通ったおかげで冷え性を克服するために日常生活において
気を付けることを色々とアドバイス頂けたので収穫はありました。

この記事では、アトピーと冷え性の関係と、僕が実践した冷え性対策を
書き残しておきたいと思います。

1.アトピーと冷え性の関係
なぜ冷え性だとアトピーは克服できないのか。それは、体が冷えていると
代謝が悪くなるからです。代謝が悪くなるということは、体内に毒となる
ものが残ることになります。

毒が体内にあると、体はこれらを排出しようとします。その過程で
アレルゲンとなるハウスダストなどが体内に入ってくると、本当は
追い出さなくてもいいのに過剰に反応して追い出そうとするため、
湿疹が発生するわけです。詳しくはコチラの記事を参照下さい。

ただ、しっかりと毒を追い出そうと免疫が働いている時点で、
体は正常な反応を示していると言えます。これがもし、免疫が
働かなければガンなどの他の病気を発症する可能性が高まると
言えます。

2.実践した冷え性対策
特に特別なことはやっていません。よく言われているメジャーな
冷え性対策をやってみただけです。

①体を温める食べ物を積極的に食べる
大根、ゴボウ、人参などの根野菜を中心に食べました。
生野菜は体を冷やすとのこと。

極端な対策をするとすれば、夏でも鍋を食べるなどするのがベストとのこと。

②体を冷やすものはなるべく避ける
特に夏場にアイスクリームや冷たい飲み物を飲むのは控えました。
ミネラルウォーターを飲むときも、冷蔵庫で冷やさずに常温で飲んでいます。
水はぬるま湯くらいにして飲むのがベストとのこと。

③お風呂は最低でも10分入る
冬は40度くらいのお風呂でも10分入れますが、夏は38度くらいにしても
10分入るのはしんどいです。それでも最低10分入ります。半身浴がいいと
聞きますが、僕は肩まで浸かってました。

僕の実感したところでは、夏に暑いからと言ってすぐにお風呂を上がっていると
その年の冬の冷えが酷くなる気がします。

④運動する
おそらく、冷え性対策において一番の方法はこれだと思います。
体を動かせば温まりますし。何より、確実に代謝がよくなります。
運動の方法はウォーキング、ランニング、ジムに通うなど何でも
良いと思います。僕はこちらの記事のDVDを使っています。


こんな感じですね。上記で書いた一時期通っていたカイロプラクティック院の
先生が言うには、冷え性克服は夏の過ごし方が重要とのことです。

夏は気温が高いので自然と体が熱くなっているので、体は体温を上げよう
という働きが弱くなるとのこと。ここで体を冷やすと冷えは悪化する
一方とのこと。逆に冬は気温が低く体は温めようという働きが強くなるそうです。

これは僕も実感しているので納得です。今は部屋の中はエアコンが
効いていたりしてますから、ますます体は冷える一方ですからね。
但し、熱中症には注意して下さい。

冷えは万病の元と言われます。アトピー克服とともに、他の病気に
対する予防にもなりますので、冷え性とは是非おさらばしましょう!


スポンサーサイト
管理人おすすめ軟膏ランキング

1位

ダイアフラジンA軟膏



この商品の詳細はコチラ!

2位

ユースキンI



この商品の詳細はコチラ!

3位

オロナイン



この商品の詳細はコチラ!
プロフィール

SE りゅう

Author:SE りゅう
当ブログに興味を持って頂きありがとうございます。
りゅうと申します。
SEという、多忙と言われる仕事をしています。

2012年3月に長女が誕生し、ついに父親になりました。妻への育児の負担を少しでも減らせるように、仕事と育児の両立ができるパパを目標に奮闘中です。

仕事、育児、自己啓発、休んでいる暇が全くありませんが、実は楽しく日々を過ごしています。

最近のマイブームは自宅近くの銭湯でボーっとすること。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。