アトピー改善お役立ち情報『さらば!アトピー』

アトピーを治したい!克服したい! ステロイドに頼らないアトピーの改善方法についての情報を実体験を元に提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たった1gでお風呂の塩素を除去!ビタミンC(アスコルビン酸)

今日は僕が実践していた入浴方法の紹介です。
と言ってもアトピーの人向けに他サイトでも紹介されている
結構メジャーな方法です。

アトピーが悪化する環境についての記事でも記載しましたが、
(参照⇒『アトピーが悪化する環境とはどのような環境なのかを検証する!』)
お風呂に入る場合は塩素に気をつけなればなりません。
健全な肌の人は気にする必要がなくても、アトピーの
人は皮膚のバリア機能が低下しているため、塩素は
刺激が強すぎるのです。

そのため、お風呂の塩素を除去する必要があります。
そこで使用するのがビタミンCです。ビタミンCは
サプリメントのようなものではなく、原末を使用
します。原末は「アスコルビン酸」と言います。

イワキ ビタミンC アスコルビン酸 原末 200g【第3類医薬品】

薬局で「ビタミンCはどこにありますか?」と聞くと、大抵は
ビタミンCのサプリが置いてある所に案内されます。
「アスコルビン酸はどこですか?」と聞けば、目的の商品の
所に案内されます。

このビタミンCを1g程度入れればお風呂の塩素は除去できますので、
結構経済的です。1gがどのくらいか分からなければ、大抵どの商品でも
スプーンが付属していますので、そのスプーンで1杯入れればOKです。

入れた感じですが、なんとなくお湯が柔らかくなった気がします。
直接このお風呂がアトピーを治すわけではありませんが、なんとなく
入っていて安心感があります。

よく、冬になるとゆずをお風呂に入れて入ったりしますが、
あれの目的は温まることですが、ゆずにはビタミンCが豊富に
含まれているそうで、肌にもやさしいお風呂だったんですね。
昔の人の知恵ってすごいです。

湯船に入るのはいいけど、体や髪を洗う時はどうするのか?
僕は湯船のお湯をそのまま使用していました。シャワーを
使用すると結局塩素を浴びてしまうからです。

湯船のお湯を頭からかぶるのはちょっと…という方は
下記のような塩素を除去できるシャワーもあります。
ちょっとお金はかかりますが、使用してみる価値は
あると思います。
イオニックCシャワー

イオニックCシャワー


体を洗う場合は、あまりゴシゴシ擦ると余計にかゆみが増したり、
余計に肌が乾燥しますので、石鹸を泡立てて、軽く手でなでるように
洗っています。石鹸は肌にやさしい無添加のものを使用しています。

お風呂に入っている間はアレルゲンに触れることがないので、
極端な話、ずっとお風呂に入っていればアトピーは治ると
思います。

しかし、そんなことはもちろんできませんので、なるべく長めに
入るようにします。僕は15分くらい湯船につかるようにしています。
リラックスできて、よく眠れたりするのでおすすめです。
もちろん、のぼせない程度にして下さい。

また、あまりお湯が熱すぎると、かえって肌がかゆくなりますので、
温度調節は気をつけて下さい。参考までに、僕は以下の温度にして
います。
夏⇒37℃
冬⇒40℃
春・秋⇒38℃

お風呂から出てタオルで体を拭くときも、強く擦らずに
タオルを体に当てて水分を吸取らせるようにやさしく拭くことで
肌に刺激を与えないようにします。

以上です。そんなに難しいことはないので、良かったら試してみて
下さい。ゆっくりとリラックスすることは心身ともに良いことなので
おすすめです。

↓湯船の塩素除去
イワキ ビタミンC アスコルビン酸 原末 200g【第3類医薬品】

↓塩素を除去したシャワー
イオニックCシャワー





スポンサーサイト
[ 2013/11/25 21:52 ] [塩素除去]ビタミンC | TB(0) | CM(0)

アトピーが悪化する環境とはどのような環境なのかを検証する!

アトピーになってしまう、又は悪化してしまう原因として「環境」が
挙げられます。では、どのような環境がアトピーの原因となっている
のでしょうか。これが分かれば対策を立てやすいですよね。

尚、こちらの記事は、下記のアレルギー体質に関する記事を
読んでからの方が読みやすいと思います。
参考記事:「よく言われる「アレルギー体質」ってどんな体質?

一口に環境と言っても、あまりにも範囲が広すぎるので、次の事実を
元に検証を行いたいと思います。

その事実とは、
「昔(高度成長期より前)はアトピー患者はほとんどいなかった。」

こうすれば、昔と今の違いを元に原因を探ればいいので考えやすく
なります。きっと、大体は想像つく方もいらっしゃると思います。

1.空気
誰がどう見ても、昔よりも今の方が空気中に含まれる有害物質は
多いですよね。このような空気を吸うことで、次々と体内に
有害物質が取り込まれます。

このような物質にさらされていれば、IGE抗体が活発化して
湿疹が出やすくなるというわけです。まあ、有害物質ですから、
体そのものに良くないものですから、アトピー以外の他の病気を
発症する引き金になる可能性もありますよね。

2.水
日本の水道水は世界で1番といって良いほど綺麗だと
思います。水道水が飲めない国はたくさんありますからね。

但し、アトピーの人にとって気をつけなればいけないのが
塩素です。それは飲む場合、お風呂などで体に触れる場合
どちらもです。昔よりも今の方が水道水の塩素濃度は濃く
なっているそうです。

特に皮膚のバリア機能が低下しているアトピー肌の人にとって、
塩素は刺激が強すぎて、症状の悪化要因になります。


環境によるアトピー悪化の要因はこの2つだと考えます。
環境というと、住環境におけるホコリやハウスダストを
挙げることも多いです。しかし、昔に比べれば今の住環境
の方が清潔だと思います。(ゴミ屋敷のような所に住んでいれば
話は別ですが。)

ですので、ホコリやハウスダストのアレルゲンと環境を
関連付けるのはおかしいと、僕は思います。
もちろん部屋を清潔にするのは大事ですが。

では、この環境による原因に対する対策はどうすればよいのか。

1.汚染された空気に対する対策
おそらく、息をしなければ、有害物質が取り込まれることがないため、
アトピーは改善すると思います。しかし、そんなことしたらアトピーが
治る前に死んでしまいます。

この時代に生まれたからには、有害物質を含む空気を全く吸わないという
のは無理です。ですので、なるべく綺麗な空気の下で生活する必要が
あります。僕が考えられる対策は下記の2つです。

1-1.田舎へ引っ越す
僕は埼玉県に住んでいます。東京都内に比べればまだ空気は綺麗な方だとは
思いますが、日本全国から見れば汚い方から数えた方が早いと思います。

僕の妻の実家は栃木県で、周りはいわゆる里山というような緑と水田に
囲まれたとても自然に恵まれた所です。僕のアトピーが酷かった頃、
妻の実家に帰省した時に症状が明らかに良くなって行くのを見て、
こちらに移住すればあっという間にアトピーは完治するなと思った
ものでした。

しかし、皆さん仕事や学校があったりしますから、簡単に田舎へ
引っ越すというのは現実的ではありませんよね。僕も移住したい
くらいですが、仕事があるので無理です。

1-2.空気清浄機を使う
なるべく部屋の中の空気を綺麗にしておくには、空気清浄機を使うしか
方法はないと思います。

僕の家ではいつも空気清浄機を稼動させています。脱ステロイドを行って
症状が酷くなっていた頃は、休日はなるべく外出せずに空気清浄機を稼動
させた部屋にいるようにしました。

外出する時はマスクをするのもおすすめです。風邪が流行っている時は
予防にもなるので一石二鳥です。

2.塩素がキツイ水に対する対策
水に触れる代表的なものは、水を飲む、お風呂に入る、
洗い物などの水周りの仕事をするの3つだと思います。
それぞれの対策を挙げてみたいと思います。

2-1.ミネラルウォーターを飲む
水はミネラルウォーターを飲むようにします。水道水を飲むのは避けるように
します。水は特別高価なものでなくても良いと思います。1ケース400~500円
くらいでスーパーで売っていますので、そのようなものを飲むと良いと思います。

水を飲む時は、冷えた水は避けましょう。胃に負担がかかります。
常温、又はぬるま湯くらいが良いです。健康のためには1日2リットル
飲むのが良いそうです。

2-2.お風呂の塩素は除去する
お風呂は塩素を除去して入るようにします。
塩素を除去するにはアスコルビン酸(ビタミンC)を
使用します。入浴については下記の記事にて詳しく
ご説明していますので、ご参照下さい。
たった1gでお風呂の塩素を除去!ビタミンC(アスコルビン酸)

2-3.水周りの仕事はゴム手袋使用
洗い物などの水周りの仕事をする時ですが、ゴム手袋を使用することを
おすすめします。僕は今現在も手湿疹に悩まされていますが、ゴム手袋を
しないで洗い物をすると確実に悪化します。

洗い物、お風呂掃除など水周りの仕事で水道水に触れる場合は必ず
ゴム手袋をするようにして下さい。


僕が考えられるのは以上になります。100%昔と同じ環境にするのは
困難ですが、少しでもアトピーが悪化しない環境を整えることは
完治への一歩と考えています。是非、周りの環境を変えてみましょう!




管理人おすすめ軟膏ランキング

1位

ダイアフラジンA軟膏



この商品の詳細はコチラ!

2位

ユースキンI



この商品の詳細はコチラ!

3位

オロナイン



この商品の詳細はコチラ!
プロフィール

SE りゅう

Author:SE りゅう
当ブログに興味を持って頂きありがとうございます。
りゅうと申します。
SEという、多忙と言われる仕事をしています。

2012年3月に長女が誕生し、ついに父親になりました。妻への育児の負担を少しでも減らせるように、仕事と育児の両立ができるパパを目標に奮闘中です。

仕事、育児、自己啓発、休んでいる暇が全くありませんが、実は楽しく日々を過ごしています。

最近のマイブームは自宅近くの銭湯でボーっとすること。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。