アトピー改善お役立ち情報『さらば!アトピー』

アトピーを治したい!克服したい! ステロイドに頼らないアトピーの改善方法についての情報を実体験を元に提供しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロペト - 刺激なしに皮膚をガードする! -

私が使用した軟膏の紹介です。
今日紹介するのはプロペトです。



プロペトの説明

よくプロペトとワセリンが比較されることがありますが、基本的には同じです。
ワセリンから不純物を取り除いたものがプロペトとなります。よって、効能は
ともに同じです。

不純物を取り除いている分、プロペトの方が肌への刺激が少なくなります。
ワセリンも赤ちゃんに使用できるほど刺激が少ない軟膏になりますので、
どちらにしても、安心して使えます。

プロペト(ワセリン)に対する誤解

プロペト(ワセリン)を保湿のために使用するというのは誤りです。
こちらは軟膏になりますので、保湿する効果はないそうです。
保湿する場合は、プロペトを塗る前に保湿剤で保湿する必要があります。

プロペト(ワセリン)使用する目的

プロペト(ワセリン)を使用する目的は皮膚をカードすることです。
アトピー肌は皮膚のバリア機能が低下しているので、色々なものの
刺激を受けやすくなり、肌が荒れやすく、かゆみも出やすくなっています。

プロペト(ワセリン)塗ることで、皮膚をカードし、刺激を受けにくくなります。
そうすることで、皮膚へのダメージを軽減し、回復を早くすることができます。
この効果は結構侮れません。

実際に使用した時の効果

僕が使用した時の効果ですが、僕の場合は上半身については目立った効果が
ありませんでした。

下半身についてはかなり効果がありました。プロペトのおかげで治ったと言っても
過言ではないです。

去年の夏のことですが、暑さのせいで肌が全体的に荒れてしまい、かなり痒みが
伴う状態になっていました。上半身についてはユースキンIダイアフラジンA軟膏
併用することで次第によくなったのですが、下半身についてはなかなか良くなりません
でした。

そこで使用したのがプロペトでした。悪くなっていた太ももから膝の裏まで塗りました。
今回紹介するサンホワイトは容量が多くたっぷり塗れるのが大きな利点です。

効果はすぐに表れ、1週間ほど塗り続けたことで治ってしまいました。ガサガサになって
いたので、おそらく皮膚のバリア機能が低下してなかなか治らなかったのだと思います。
低下したバリア機能を補完してあげることの大切さを思い知らせれました。

使用感

かなりベトベトします。手などに塗るとしばらく作業できないほどベトベトになります。
使用感は最悪と言っても良いかもしれません。手など、物に触れる箇所に塗る場合は
塗った後に包帯を巻くなどすることをおすすめします。

使用する場合の注意点

プロペトを紹介している他のページでも指摘されている点ですが、塗ることで逆に悪化
してしまうケースがあります。

これは皮膚をガードするという効果に伴うものですが、ガードすることで熱がこもってしまい、
痒みが発生してしまうことがあります。僕の場合、上半身は熱がこもることによって余計に
痒くなって逆に悪化しました。

このように余計に痒みが出てしまった場合は、すぐに水で洗い流した方が良いです。
そのまま塗り続けていても余計に悪化するだけですので、すぐに使用を止めて下さい。


逆に悪化するケースもあるので、気を付けなければならないのですが、
効く場合は本当に効きます。肌のバリア機能低下によってなかな良くならない
と見受けられる場合は試してみる価値ありです!
詳細はコチラです!


スポンサーサイト
[ 2014/11/24 16:36 ] [軟膏]プロペト | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/11/27 16:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人おすすめ軟膏ランキング

1位

ダイアフラジンA軟膏



この商品の詳細はコチラ!

2位

ユースキンI



この商品の詳細はコチラ!

3位

オロナイン



この商品の詳細はコチラ!
プロフィール

SE りゅう

Author:SE りゅう
当ブログに興味を持って頂きありがとうございます。
りゅうと申します。
SEという、多忙と言われる仕事をしています。

2012年3月に長女が誕生し、ついに父親になりました。妻への育児の負担を少しでも減らせるように、仕事と育児の両立ができるパパを目標に奮闘中です。

仕事、育児、自己啓発、休んでいる暇が全くありませんが、実は楽しく日々を過ごしています。

最近のマイブームは自宅近くの銭湯でボーっとすること。

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。